僕の話を聞いてくれ

世の中たくさん楽しいことあるよね~

MENU

アドラーから考えるダイエット

 

人生前向きに暮らしたいならアドラー心理学を読むべし

心理学で書かれていることは実験によって明かされたことに基づいて証明されている

しかしその実験はどのようにやるかなどはその心理学者によって決められる

心理学者で有名なのはフロイトユング、そして今回の主人公のアドラー

よく比較されるのはフロイトアドラーです

それはお互いの研究成果が真逆なことが多いという事

どちらかが合っていてどちらかが間違っていると言うモノではありません

心理学とはその状況に陥る原因は何かを考えること

その考え方や考える状況で結果は違ってきます

なので信じ方によって違ってきます

自分に都合のいい方を信じて実践してみればいいのです

内容を見てみるとアドラー比較的物事を前向きに考えらる心理学です

その反面フロイトに関しては人間の裏の面を暴いた心理学だと思います

ここでなぜ心理学を進めるのか

ダイエットとはあまり関係ないですが

ここ最近企業ではこういった心の教育を進めています

最近と言っても早いところでは10年くらい前でしょうか

これは世の中の流れの中でどんどん仕事の内容や

対人関係が厳しくなり、そこを乗り越えることができず

悩み、酷い人に至ってはを発症してしまう

自殺する人も年々増えている状況です

この事を踏まえ国からも一押しがあるのです

しかしこの事が最終的に企業の役に立ち利益にもつながると

いう事を認識できるには時間がかかりすぎ

実際の多くの企業ではないがしろにされている内容です

一企業がこういった心の勉強のために仕事の時間を費やすのは

商売上考え難い行動。しかし最終的にこれは必ず企業のために役立ちます

ある企業ではこのためにカウンセラーを雇っているところもあります

そうでないところはその企業の数名に資格を取らせ

社内カウンセラーとしての役職を請け負わせているところもあります

私個人としてはこういった心の問題を同じ会社の人に相談するという行動は

ナカナカ難しい事だと考えます

仕事の内容の相談であれば上司や先輩にできるが

自分の心の内を打ち明けるなんて事は勇気がいる行為

であるなら全員の前で同じ講義を受けることによって

一方的ではあるが話を聞くことが出来る

そういった面でも心の教育には必要なのです

そんなの自分には関係ないと思っている人でもそういう心に関する

状況が起こりうるという事を認識して勉強すべきです

風邪のように明確な兆候は殆どなく突然心の病気は起こります

自分で無くてもこの事を勉強することによって

仕事での取引先の相手の性格や心理を知るすべにもなってくるでしょう

そういった中で推薦するのがこのアドラー心理学です

少しフロイトの考えとアドラーの考えを比較しながら紹介してみますと

 

フロイトアドラーを比較

 


フロイト                

 人間行動の原因を理解する           

・すべての人間行動には原因がある    

・行動の原因は過去にある        

・人間行動は衝動への受動的な      

 反応である               

・人間は本能や環境の          

 犠牲者である

 

アドラー

人間行動の目的を理解する

・すべての人間の行動には目的がある

・行動の目的は未来にある

・人間行動は未来に向けての創造的

    な活動と言える

・人間には選択・決断の自由がある

 

など

少し見ただけでも先を見据えた考え方であることが解ります

非常に面白い考え方であると思います

過去はあるがそこを教訓にする

過去の失敗は前進への第一歩

環境は良くないがそれによってどう行動するかは自分次第

と言ったように人間の可能性を制限しない考えです

 

どうでしょう

これってダイエットに繋がると思いませんか?

私の考えるダイエットはその人が

ダイエットを成功するまで続けることが出来るかどうか

という事だけだと思います

これって非常に単純で非常に難しい問題

そこにアドラーが登場するわけです

考えはすべてポジティブな思考

今どうあるか、どうすべきか

過去がどうあれ未来には希望が持てる

そんな思考を持って辛い単純なダイエットに向き合ってみては

勿論方法は沢山あります

その方法を一つ選んでそこを追求する

そこには継続という高い壁があります

その壁にそって歩くか、それとも乗り越えるかは自分次第なのです

勿論乗り越えたい

誰でも乗り越えることはできます

しかし継続出来たとしたら・・・です

そこはやはり思考の問題です

考え方ひとつで物事の行動が変わってきます

そしてその行動がまた思考を変化させます

ダイエットの方法や向き不向きの個人差はあり成果の度合いは人それぞれ

そこで負けずに続けるという考えが持てるかと言う事です

アドラーはこう言っていました

「勇気とは困難を克服する活力の事だ」

読んで字のごとくです。

アドラーがこう言った内容は、もっとも人生における出来事の話ですが

小さな出来事が重なって膨らむことが人生だから

その行動の一つのダイエットも同じ事でしょう

勇気をもってダイエットに立ち向かうのです

ちょっと大げさかもしれませんが気持ちはこのくらい持っておいた方が良いでしょう

後は自分に向いているダイエット方法を実行するだけです

さー今が実行の時です!

始めたものが成功をつかむのですよ!

もし選んだダイエット方法が向いていなかったら?

そこは迷わず止めて違う方法をやる

ここは「止める勇気」です

ちょっとややこしくなってきたので

「止める勇気」

の話は次回にしときます

 

 

アドラー心理学入門 [ 岸見一郎 ]

価格:699円
(2017/2/4 19:21時点)
感想(25件)

アドラー100の言葉 [ 和田秀樹(心理・教育評論家) ]

価格:1,080円
(2017/2/4 19:21時点)
感想(0件)

マンガでわかる!アドラー心理学折れない心の作り方 [ 六原三歩 ]

価格:1,296
(2017/2/4 19:22時点)
感想(0件)

広告を非表示にする