読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の話を聞いてくれ

世の中たくさん楽しいことあるよね~

MENU

自らストレスをコントロールする

雑談 心理学

ストレスっていつ位から言われるようになったのでしょう


今はストレス社会と言いますが

では昔はストレスを感じる人はいなかったのだろうか

そんな事はある訳がありません

逆にストレスの度合いで言ったら昔のが多かったのではないでしょうか

しかし現在はそのストレスの質が違ってきていると感じます


今の時代のストレスは複雑に色々なことが重なって起きていると感じます

朝起きてから寝るまでどんなことでもストレスを受けます

その度合いが過度に起こると辛いストレスとして感じます


ストレスを解消!と言いますが

果たしてそれでストレスを解消できているのでしょうか

・自分の趣味に没頭する
・友達と旅行に出かける
・好きな音楽を聴く
・お風呂にゆっくりと入る
・美味しいものを食べる

など沢山人それぞれあります

しかしそれがストレス解消になっているのでしょうか

人は行動することによってストレスを少なからず感じます

解消と思っていたこともそうでないこともあります

そうです。ストレスを排除することは無理と言っても過言ではないです

ストレスを軽減することしかできないのです

逆にストレスによって人は成長します

果物などでも少しのストレスを与えることによって甘くなったりと

ストレスは必要なものでもあるのです

しかしその過度なストレスによって身体的障害をこうむったり

あるいは命を絶ってしまう人もいます。


ではどうしたらよいのか

それはストレスと共存するしかありません

そのために自ら受けるストレスをコントロールする必要があります

先ほど言ったようにストレスによって成長します

大きなストレスを心地よいものに変化させて感じることが重要です

ストレスの感じ方を変えるにはいつも言いますが


物事を客観視してみる事によって思考を変換させる

その事によって受けるストレスを分析することができ軽減できるでしょう

そして具体的なストレスコントロール

・睡眠

これが一番でしょう

唯一のストレスを感じない時間をしっかりと持つという事

睡眠によって身体的な疲れを解消するとともに何もしない時間を過ごす

そこで先ほどまで起きていたストレスをリセットさせる

そして次からの行動を変えましょう

ストレスは突発的な事で受けろことが多いです

ですからそこを予想することによって軽減するのです

仕事であるなら内容の事前の勉強でスムーズに進みストレスを感じる事も少なくなってくるはずです

「今日の行動はこうだからこういう事が起こりそうだな」

と考えるだけで、事前に何が起きてもと言う心構えを作っておく


ストレスとは感じ方も人それぞれで目には見えないもの

ストレスから逃げるのではなく

共存し感じ方を変化させていくことが必要でしょう。

 

広告を非表示にする